テーマ:東京

家内一人で里帰り、亭主は泣いて待つばかり

17日(火)~20日(金)までの間、ウメが僕を置き去りにして、3泊4日で東京に一人で里帰りをして来る。 前回の二人での里帰りから戻った時、7月の半ばには骨折した義母が退院しているだろうから、「その頃に私だけでも行って、食事を作ったリ、帰った後も暫らくは食事に不便がない様に、おかずを作り置きしておくよ。なおきも一緒に行く?」と訊いた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

或る閃(ひらめ)き

帝國大学病院への行き帰りで通り道になった住宅街で、或る家の玄関の庇(「へ」でない。「ひさし」)が透明で、そこにネコが一匹寝転んでいるのをよく見かけた。 普段ネコが寝転んだり座ったりしていると、床に接した部分は見られないのだが、この場合に下から覗くと、透明の屋根にいるのでそれが見られる。 どこぞの水族館で見学経路の上が水槽になって…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

東京にて

東京滞在中は宿泊した超高級ホテル(両国と深川に各2泊)、ウメの実家と義母の入院した帝國大学病院の3ヶ所の間の移動だけだった。 が、何処も初めて行く所ばかりで、何度も感心したり小さな驚きを覚えたものだった。 例えば下町の住宅街を歩けば、それぞれの家が競うかの如く、家の前に様々な花や木の鉢植えが置かれていて、広島では見かけない光景だった…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

帰りは大名旅行   (東京 その2)

4月中旬にウメと話し合い、東京への里帰りを5月末にする事にしていた。 ウメと彼女の家族とのコミュニケーションが眼目なので、僕だけ「東京、東京!」と浮かれて、一人で銀座の高級クラブ、新宿歌舞伎町に繰り出すわけにはいかず、まあ、柴又帝釈天界隈をうろうろ出来れば良いか、と思っていた。 しかし、5月の連休中にウメの母が足の骨折で入院をして、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レチナで東京

今年の1月にウメの里帰りに同行して東京に行った時、、デジカメともう一台、目進堂で買ったばかりの60年程前の古い蛇腹式カメラ、コダック・レチナⅡaを持って行った。 その時撮ったものはプリントしたが、僕はスキャナーを持っていないので、2ヶ月ほど前、市内のカメラ店にネガのCD-R書き込みをした。 東京に着いて直ぐに行った靖国神…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

上野の桜猫

動物園での見物を終えて、花見客でごった返す上野公園を抜けて上野駅に向かう途中、人だかりが出来た所があった。 何人もの人たちがカメラを手にして、何かを撮っていた。 なんじゃろう?、と思い立ち止まってみると、水平に張り出した太い桜の枝に一匹のネコが張り付いていた。 メッシュ生地の服をネコ用マットを敷いてもらい、オマケに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東京  その14「上野動物園 その5」

名前は忘れたが、初めて見た大きな鳥がとても気に入った。 金網に名前の書かれた札があり、その時にその名前を念仏のように数度唱えて覚えた積りだったが、カタカナで数文字だったとしか今は覚えていない。 以前、動物を扱ったテレビ番組で、水辺で置物のように、何時間でも動かないまま獲物を待ち構える鳥を紹介していた。 「大きな体」と「動かない…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

東京  その32「上野動物園 その1」

東京からウメと一緒に帰って、ウメが一週間我が家にいて新居探し、それからウメの引越しなどで、東京でのことをなかなか書けなかった。 時間の経過とともに記憶は薄れてきた。 まだまだ続く東京シリーズ。 4月6日(火) ウメに「上野動物園に行きたい」、と僕は東京に来る前から言っていた。 「パンダ、いない…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東京  その7「国会議事堂・渋谷・神田古書店街」

見物と将来登院する時の下見をかねて国会議事堂に行った。 議事堂横を通り正面に回ったのだが、敷地の広さに驚いた。 立派な建物である。 但し、建物だけの話だが。 警備の警察官にニヤニヤされながら、「ワシが日本を変えるっ!」の決意を全身で表わしたところを、ウメに素早く撮ってもらった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京  その6「夜の東京タワー」

世間ではゴールデンウィークで賑わっているのに、僕はと言えば引き篭り。 それでもって、一ヶ月も前の事をブログに書いている。 東京で撮った画像が色褪せて、        (明治4年撮影の東京タワー) こんな風になる前にアップしなければと思った。 ライトアップされた東京タワーを見るため、♪ぞ ぞ ぞーじょーじ ぞ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東京  その5「柴又帝釈天、松屋の飴総本店の猫」

柴又帝釈天の参道の中ほどに、「松屋の飴総本店」という店がある。 一回目にこの店の前を通った時、店先に黒い猫を見つけた。 写真を撮ろうと思ったら、店の奥にさっと入ってしまった。 二回目に来た時に二匹いた。 いいぞ~、松屋! 参道は人通りが多いので、なかなかしゃがんで撮れなかった。 やっと撮れたと思ったら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京  その4「柴又帝釈天」

柴又帝釈天が気に入り、いくらウメの住まいから近いとは言え、一週間ちょっとの東京滞在中に三回も行ってしまった。 彫刻の見事さに暫し見入った。 本堂です。 はい。本当゛です。 鐘楼。 柴又駅の寅さん。 柴又駅前の通りにある「らくがき工房」に、トラ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東京  その3「錦糸町」

今回、僕が東京に来た最大の目的は、ウメの両親に御挨拶をすることだ。 両親と同居して家を取り仕切る恐怖の女帝、姉の熊恵(くまえ)も来る。 墨田区住むウメの両親が錦糸町の料理屋で一席設けてくれて、そこに午後7時に行くようになっている。 6時過ぎに錦糸町の駅に着いた。 歩く時、恐怖と緊張から右足を続けて3回出したり、左足だけカニ歩…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東京にて  その3「バイクのハーレー」

千葉県松戸市のバイク販売店に行き、あらかじめウメのパソコンで検索して目星をつけていた中古車のハーレーを見せてもらった。 モデル名は『ダイナ』だ。 シンプルなスタイルが以前から気に入っている。 実車はサイトに掲載されていた何点かの画像や説明とたがわず、程度は極上で営業担当者は丁寧な言葉遣いで、僕の質問にも的確に答えてくれ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東京  その2「渋谷のたまお」

ウメと渋谷に出掛けた。 ウメはこの2月の末まで、宮益坂にある会社に勤めていた。 その会社が入っているビルの横の狭い通路に、時々3匹の猫が姿を見せていた。 その内の一匹の愛想も何もないオス猫が気に入り、「たまお」と名付けてその姿見るのを楽しみにしていた。 僕がウメに連れられてこの猫を見に行った時、渋谷の再開発の工事が始…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京にて  その1「新宿」

3月29日(月)から4月6日(火)まで東京に滞在した。 日記風にその日ごとに書いていこうかと思ったが、あれから日数が経ち、記憶は混沌としてきている。 見た物、行った所別に書くようになると思う。 ※句点「。」に代わって、「」を用いている場合は『作り話』です。 広島から歩きに歩き靴を三足履き潰し、3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more