家内一人で里帰り、亭主は泣いて待つばかり

17日(火)~20日(金)までの間、ウメが僕を置き去りにして、3泊4日で東京に一人で里帰りをして来る。 前回の二人での里帰りから戻った時、7月の半ばには骨折した義母が退院しているだろうから、「その頃に私だけでも行って、食事を作ったリ、帰った後も暫らくは食事に不便がない様に、おかずを作り置きしておくよ。なおきも一緒に行く?」と訊いた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

フォトジェニックとテイスティ

フォトジェニックとテイスティという二つの言葉を、写真を撮る時に僕はしばしば使う。 フォトジェニックとは、本来「(人の)写真写りが良い」の意らしいが、僕は「(写真を撮る)その気が起きる」と言う意味で使っている。 例えば、家内が「ねえ、なおき、あそこは撮らないの?」と訊いて、その気が起きない時の僕は「フォトジェニックじゃないけぇ、え…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

或る閃(ひらめ)き

帝國大学病院への行き帰りで通り道になった住宅街で、或る家の玄関の庇(「へ」でない。「ひさし」)が透明で、そこにネコが一匹寝転んでいるのをよく見かけた。 普段ネコが寝転んだり座ったりしていると、床に接した部分は見られないのだが、この場合に下から覗くと、透明の屋根にいるのでそれが見られる。 どこぞの水族館で見学経路の上が水槽になって…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

東京にて

東京滞在中は宿泊した超高級ホテル(両国と深川に各2泊)、ウメの実家と義母の入院した帝國大学病院の3ヶ所の間の移動だけだった。 が、何処も初めて行く所ばかりで、何度も感心したり小さな驚きを覚えたものだった。 例えば下町の住宅街を歩けば、それぞれの家が競うかの如く、家の前に様々な花や木の鉢植えが置かれていて、広島では見かけない光景だった…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

帰りは大名旅行   (東京 その2)

4月中旬にウメと話し合い、東京への里帰りを5月末にする事にしていた。 ウメと彼女の家族とのコミュニケーションが眼目なので、僕だけ「東京、東京!」と浮かれて、一人で銀座の高級クラブ、新宿歌舞伎町に繰り出すわけにはいかず、まあ、柴又帝釈天界隈をうろうろ出来れば良いか、と思っていた。 しかし、5月の連休中にウメの母が足の骨折で入院をして、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

店仕舞い

2011年7月30日 近所の豆腐屋が店を畳んだ。 最後の豆腐製造を終えて、掃除も済んだ店先にて。 いつもの光景と何ら変わらないのに、これが最後の日だった。 レチナⅠa使用
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レチナでゲゲゲ

ゲゲゲ展(正式名称、失念)にて。 レチナⅠa使用 出来れば「ゲルトでゲゲゲ」としたかった。 でも、低速でシャッターが途中で止まったりと、ちゃんと使えるのか判らないので、まだフィルムを買って試していない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

驚愕の辛さ  恐怖の辛(しん)ラーメン

ウメが働いている処に、アルバイトの金(きん)ちゃんと仇名の、韓国から留学している女子大生がいる。 もう1ヶ月ほど前の事だが、その金ちゃんが親から送ってもらった韓国製インスタント・ラーメンをウメに2個くれた。 ウメが彼女に「ありがとう。これ、辛いんでしょ?」と言うと、「全然辛くないですよ}と笑いながら答えたそうだ。 このラーメンは見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さくら  その32

刑務所からの帰り道は、近所の公園を通って帰ることにした。 ここには桜の木が2本ある。 1本は割り箸のような細い木で、勢いがあまり感じられないが、もう1本の方は枝の張り出しが良くて、僕の好みだ。 また来年。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さくら  その1

4月8日(日) 今日、ウメは仕事に行ったので、一人で川向こうにある刑務所前の桜並木を見に歩いて行った。 ここの桜の木は沢山の花は付けてはいるが、10年経つか経たないくらい前に(もしかすると10年と3日前かも知れない)行われた、川沿いの遊歩道の整備に合わせて植えられたのだろうか、細い。 貧相なと言えるくらい細い。 「刑務所」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネコ、ついでに犬

以下の写真は、ニコンF フォトミックFTN+50mmf2で撮影 市内の中心街にある、「ビルの谷間公園」に棲む野良ネコ 裏の駐車場に棲む野良ネコ一族の一匹 ピントが合っていない。 反省。 向いの家の御主人
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幼稚園の頃の思い出  『お遊戯』

来年度から中学校の授業に、武道とダンスの授業が導入されるTVニュースを何度か観た。 ダンスの講習を受けている体育教師たちの、ぎこちない動きで踊る姿がとても印象的だった。 いや、正直ぞっとしたと言っても良い。 そして、「あぁ、体育教師にならなくて良かった」、「今年中学校に上がらなくて良かった」とも思った。 何故なら、僕は生来踊りと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

自作カメラ

古いフィルムカメラに興味を持ってからもう直ぐ1年半になる。 金にモノを言わせて集めも集めたり、カメラは2千台、レンズは7千本、カメラケースは800個、使ったフィルムは12本! 最早集めたいと思う対象がなくなり、虚しくなってさめざめと泣いて過ごす日々が続いていたが、先日、「そうだ、この世に一台しかないカメラを作ろう!」と思いつ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『逢瀬(おうせ)』

          題『逢瀬』 以下は長い蛇足になる。 逢瀬の邪魔をしてしまった。 ただし「ネコ」の、ではあるが・・・。 先週の日曜は快晴だった。 徘徊するのにいつも右に曲がる道の2本先の道を、何故か初めて右に曲がった。 少し歩くと、右手に見える駐車場の向かいの家の前に並…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

パートカラーでお遊び

画像加工ソフトを使って、カラーで撮った画像の一部分的を残し、その他はモノクロにして遊んでみた。       平和大通りのスズメ、「哲男」       近所の公園            解体工事中だった時の「旧広島市民球場」 こんな写真や映像は、「パートカラー」と呼ばれていたはずだったの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more