テーマ:カメラ

白黒写真 1

去年の9月に、ネオパン100と言うISO100のフィルムをレチナⅠa に装填して、やっと現像に出した。 実に、8ヶ月もの間、カメラの中で熟成(放置とも言える)させた事になる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

店仕舞い

2011年7月30日 近所の豆腐屋が店を畳んだ。 最後の豆腐製造を終えて、掃除も済んだ店先にて。 いつもの光景と何ら変わらないのに、これが最後の日だった。 レチナⅠa使用
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レチナでゲゲゲ

ゲゲゲ展(正式名称、失念)にて。 レチナⅠa使用 出来れば「ゲルトでゲゲゲ」としたかった。 でも、低速でシャッターが途中で止まったりと、ちゃんと使えるのか判らないので、まだフィルムを買って試していない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネコ、ついでに犬

以下の写真は、ニコンF フォトミックFTN+50mmf2で撮影 市内の中心街にある、「ビルの谷間公園」に棲む野良ネコ 裏の駐車場に棲む野良ネコ一族の一匹 ピントが合っていない。 反省。 向いの家の御主人
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自作カメラ

古いフィルムカメラに興味を持ってからもう直ぐ1年半になる。 金にモノを言わせて集めも集めたり、カメラは2千台、レンズは7千本、カメラケースは800個、使ったフィルムは12本! 最早集めたいと思う対象がなくなり、虚しくなってさめざめと泣いて過ごす日々が続いていたが、先日、「そうだ、この世に一台しかないカメラを作ろう!」と思いつ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

我が街のイルミネーション

行こう、行こうと思いながら、前回も見に行かなかった平和大通りのイルミネーション。 (後日知ったが、正式名称は『ひろしまドリミネーション』と言うようだ) 案の定、今回も行かなかった。 イルミネーションが点灯されていない時間帯は、この辺りを何度か歩いたのだが、日が落ちてから街中に出掛ける用は無かったし、わざわざこの為に出掛ける…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ミノルタ35Ⅱで風景

ミノルタ35Ⅱ(ボディ)+インダスター61(レンズ)=ミンダスター96Ⅱ 彼岸花 芥子(ケシ)畑(?) ミノルタ35Ⅱで撮ったフィルムを初めて現像したら、妙な写りの物が何枚もあった。 どこからか悪い光がフィルム室に入って、感光しているようだ。 新式たらい型戦艦 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ミノルタ35Ⅱでネコ

ミノルタ35Ⅱ(ボディ)+インダスター61(レンズ)=ミンダスター96Ⅱを使用 僕は猫の背後を取るのが好きだ。 足音を立てずに近づき、そのネコが何かの拍子にこちらを向いた時の、「ハッ!」とした瞬間の表情が好きだ。 我が家の裏手にあるコイン駐車場で、裏ネコ一家の一匹がこちらに背を向けて、ボ~ッと座っていたので、僕は気配を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お気に入りの場所

随分前のことだが、キャモンのデジカメを使っていて不具合が起きたので、デジカメを持ってサービスセンターに出向いた。 初めて行くこのサービスセンターの入っているビルに着いた時、玄関の右に配されたオブジェを見て驚いた。 普通、アンモナイトは二本足のはずなのに、足が三本生えたアンモナイトの上に少年が乗っている。 他にも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

親切にしてくれた人たち  その3

マンションに着いてエレベーターで最上階(多分、11階だったと思う)まで行き、通路の端にある鍵の掛かった鉄格子の扉を、管理人さんが開けた。 「さあ、どうぞ。ここは景色が良いんですけど、マンションの住人も上がれないところなんですよ」と言いながら、屋上に案内してくれた。 そして、「あそこに在るのが運送会社の建物ですよ」と、その方角を示して…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

親切にしてくれた人たち  その62

運送会社の建物の近くに、一軒の古い二階建ての家がある。 その家は、裏手が砂利を敷き詰めたコイン駐車場に面し、左右をマンションとマンションの間に挟まれたように建っている。 装飾性を一切排しているので、これも恐らくビーダーマイヤー様式の建築物になるだろう。 ここでもカメラを取っ替え引っ替えして撮っていると、後から男…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親切にしてくれた人たち  その1

まだ梅雨の頃、ウメが用事を済ます間に付近を徘徊した時、その近くに運送会社の古くて大きな建物があるのを見つけた。 どういう建物かを文章で説明するのは面倒なので、字で説明すると、『円』の字のようになる。 『円』の字のまたぐらは、1階と2階部分をくり抜いた程の高さで、その下でトラックが10台以上も並んで、荷下ろしや荷積み作業をしている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沈胴物語   その3

先週末、ヤフーのオークションに、即決価格2,500円で4本の「インダスター61  55mm F2.8」というロシア製レンズが出品されているのを見つけた。 安い。 しかも、「新品」とある 差し当たりミノルタ35Ⅱにレンズは付けたいが、このインダスター61は沈同式レンズではないし・・・。 この二つの気持を行ったり来たりしているうちに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

沈胴物語   その2

ボディのみのミノルタ35Ⅱを買って以来、このカメラに使える「ライカLマウント」という取り付けシステムを持つレンズを、国産、外国製、ライカ本家を問わず、インターネットで漁り始めた。 もう「探す」程度では済まない。 昔のニコンやキャノンもこのマウント方式を採っていて、何軒もの店で出物はあるのだが、如何せん高い。 ライカのレンズは本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沈胴物語   その1

GELTO-DⅢの持つ、その沈胴式レンズを初めて触った時、僕はかなりの驚きを持った。 そして、それは興味に変わり、それからというもの、オークションや国内外の中古カメラ店のホームページを、どんな沈胴式レンズの付いたカメラがあるのか、日々漁るようにして探した。 いや、漁った。 そして、漁っているうちにその「興味」は、やがて「執着」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GELTO-DⅢ

ニコンFとの大きさ比較。 一眼レフカメラの大きさをあまりよく知らない、と仰る方への比較用。 比較の為に隣に置いたのは我が家に先祖代々伝わる、 県重要文化財 黄金彩色金権坐像(おうごんさいしきかねごんざぞう) 純金製の金権像に彩色した物 沈胴式レンズの変化 画像向って左:…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブログネタ:最近、うれしかったことを教えて!      『三台の古いカメラ』

3ヶ月ほど前から、近くの公民館で開催される郷土料理研究会に通い始めたウメが、そこで顔見知りになった女性から、古いカメラを3台貰ってきてくれた。 話の流れで、「ご主人の趣味は?」と聞かれ、「古いカメラが好きで、中古カメラ店で買って撮っているんですよ」と答えたらしい。 するとその女性は、「家に亡くなった父が使っていた古いカメラがあるんで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

路面電車から見える日常

路面電車が相生橋西詰(あいおいばしにしづめ)に差しかかると、右手前方に原爆ドームが見えてくる。 三越前辺り。 広島駅から稲荷橋を渡ると、前方にデパートが建ち並ぶ中心街が目に入ってくる。 レチナⅠaで撮影
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謎の建物

自宅から離れた所にある私立の小学校にバスで通った僕は、毎日降りるバス停から学校に向う時に、何やら軒下に飾りでゴチャゴチャした古い家の前を通っていた記憶がある。 帰り道は帰り道で、その家の道路向いにあるバス停からバスに乗っていた。 明るい色の民家や店舗が混ざり合って連なる風景の中で、そのこげ茶色一食の印象が強く残る古い家だけが浮いてい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

かき船

幼少の契(ちぎり)、もとい、砌(みぎり)、毎週土曜日に僕は母に連れられ、バスに乗って平和公園の前を通り、その先にある木琴教室に通っていた。 平和公園の手前の橋を渡る時に見える、この川に浮ぶ家のような船を見ては何やら怖い印象を受けていた。 人気を全く感じない大きな家が川に浮かんでいる、と思ったり、船だとしても、動くところを見たこともな…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ニコンで市場(白黒編)

去年の10月、ウメ用にニコンFアイレベル・ファインダー、僕用にニコンFフォトミックFTNを買った。 僕はちょこちょこ使っているが、ウメは24枚撮り白黒フィルムを入れて、最初にネコを4枚撮っただけで、それ以降は放置。 「ちょっと使ったらいい?」と聞くと、「使ったらいいよ。二人の物なんだから、一々聞かなくていいんだよ」と言うので、残った…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レチナでネコ

東京で使い切らなかったレチナⅡaのフィルムの残りは、ネコで消費した。 市内の中心地にある官庁街の近くにあるヘブンイレブンの、脇の細い通路に棲み付いた野良ネコ。 僕が「ニャ~」と鳴けば、「ニャーーーッ」と元気良く返事をする。 僕が「ミャッ」と鳴いても、「ニャーーーッ」と元気良く。 僕が「おいっ」と呼…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レチナで東京

今年の1月にウメの里帰りに同行して東京に行った時、、デジカメともう一台、目進堂で買ったばかりの60年程前の古い蛇腹式カメラ、コダック・レチナⅡaを持って行った。 その時撮ったものはプリントしたが、僕はスキャナーを持っていないので、2ヶ月ほど前、市内のカメラ店にネガのCD-R書き込みをした。 東京に着いて直ぐに行った靖国神…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

レザークラフトに目覚める  その3

自作したネックストラップをニコンFフォトミックFTNに付けてみた。 その次にレチナⅡaに付けてみた。 でも小さなボディで、レンズを畳んで収納すると平べったくなるレチナに、ネックストラップは何か大袈裟な感じがした。 レチナは今の世で言えば、気軽にポケットに入れて持ち運ぶコンパクトカメラのような物だと思う。 ならば、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レザークラフトに目覚める  その2

フィルムカメラにネックストラップを付けるのなら、素材は革!、と決めている。 でも、何の革かまではこだわらないにゃ~ カメラを首から下げて歩いていて、不用意に前かがみになった時、ブランコのようにブーンと前に振れてしまい、ゴンッと何かに当ってしまいそうになる。 だから、歩く時は襷(たすき)掛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レザークラフトに目覚める  その1

ウメの携帯電話の表面は、鏡面仕上げになっている。 初めの頃は綺麗だったが、段々と小さな傷が入ったり表面のコーティングが剥がれてきて、「人前で携帯電話を使うのが、最近恥かしいんだよ」、とウメが言った。 僕が2時間ほど思案して、「ほうじゃ!東急ハンズでレザー調の素材があるはずじゃjけえ、それを買(こ)うて貼ったらどうや?」と言った。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夫婦(めおと)ニコン

去年の10月中旬のことで古い話になってしまうが、ミノルタSR-1を買った市内の中古カメラ店『目進堂』で、ウメ用にニコンF+43~86mmズームレンズ、自分用にニコンFフォトミックFTN+50mmレンズを買った。 コンパクト・デジカメはソミーのサイババショットを何故か使っているニコン党のウメには、ニコン製一眼レフのシンボルともいえる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白戸家のお父さん

3月6日(日) 「曇り」と言っていた天気予報が外れて、朝から本降りの雨だった。 昼過ぎ、ウメが買い物に行くと言うので一緒に出掛けた。 街路樹の幹に、何やら白い物が・・・。 おぉっ! 白戸家のお父さんではないかっ! 思わず手を伸ばしかけた僕に、「やめなさいっ!」、とウメ。 心を見透かされていたようだ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more