テーマ:ばか

東京にて

東京滞在中は宿泊した超高級ホテル(両国と深川に各2泊)、ウメの実家と義母の入院した帝國大学病院の3ヶ所の間の移動だけだった。 が、何処も初めて行く所ばかりで、何度も感心したり小さな驚きを覚えたものだった。 例えば下町の住宅街を歩けば、それぞれの家が競うかの如く、家の前に様々な花や木の鉢植えが置かれていて、広島では見かけない光景だった…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

佐賀・嬉杉野(うれしすぎの)温泉

長らく放置しているSNSのnixi(ニクシィ)で、以前は好き放題のフザけた事を書いていた。 当時nixiで書いたツーリング日記を思い出し、久し振りに読み返した。 書いた本人が、よくこんな事を書けたものだと感心する。 このところ自ブログや、あちこちの他所様のブログで、行きがかり上モホネタ・コメントを書く事があってか、そんなことは…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

或る日の晩御飯

先月29日(土)の夕方、実家の僕の部屋に置いてある本を何冊か取りに戻った。 母が帰り際に、あらかじめウメと僕に食べさせようとスーパーで買っていたキャベツの千切りと、深海魚の刺身のブロックを持たせてくれた。 その時、「あんたぁ、ウメに見られたら恥かしいけぇ、値段の所をマジックで消しときんさい」、と母が僕に言った。 僕は面倒くさい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

こだまでしょうか

こだまでしょうか 「遊ぼう」っていうと 「ひとりで遊びな」っていう。 「ばか」っていうと 「ばかはおまえだろう?」っていう。 「もう遊ばない」っていうと 「後悔すんなよ」っていう。 そうして、あとで さみしくなって、 「ごめんね」っていうと 「ちゃんと反省したのか?」っていう。 こだまで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ギックリ腰

18日(金)の朝、軽いギックリ腰になった。 新婚だからではない。 10年程前になって以来、持病のような物である。 蛇足だが、自分のギックリ腰を『私の個性だ』や、『友達だ』とは全く思っていない。 強いて言うなら、『私の弱点』や、『性質(たち)の悪い身内』になろうか・・・。 市が被災地に送る支援物資を受け付ける品目の中…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

生まれて初めて、生の力士を見る!

ウメとの東京への里帰りの時に泊まったホテルは、最寄りの地下鉄駅『清澄白河(きよすみしらかわ)』から歩いて1分程の所にあった。 この『清澄白河(きよすみしらかわ)』と言う名が、僕にはとても覚えにくかった。 東京に行く前、うろ覚えのその地名を適当に思い出しては「その清河白(きよかわしら)なんたらは・・・」と、ウメとの話で何回も言った…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『マナー』と『ルール』の違いが分からない地方テレビ

先程、地元の地方TV局の広島ホームテレビが放送した地元ニュースで、自転車のマナー違反についての特集をしていた。 あきれた内容だった。 自転車は道路交通法が適用されるはずなのだが、市内で今年起きた自転車が通行人にぶつかって通行人が死亡した事件や、市内各所を各時間帯で撮った信号無視、二人乗り、片手で携帯電話を使いながらの運転などのシ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『わらしべ亡者』  その3

      ドサッ。       カパッ。       ムキムキ。 ウメ愛用のデジカメ、SOMYのサイババショット(レンズと金粉が出て来ない、カマボコ板みたいなモデル)を借りて撮影。 画像をウメのパソコンに取り込み、その後ウメにメールで画像を送ってもらった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『わらしべ亡者』 その2

月曜日の朝9時半頃、ウメとBanasonicのサービスセンターに着いた。 ウメの所から歩いて僅か10分位のところだった。 受付カウンターで応対に出た女性に名前を言い、僕のデジカメを出して症状の説明をして預けると、預り証を渡してくれた。 そして別の女性が、「ご不便をお掛けしまして申し訳ありません。その間こちらをご用意しましたので…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『わらしべ亡者』  その1

僕が現在使っているデジカメは、BanasonicのFZ38と言うモデルだ。 それが先週の木曜日に撮った画像をモニターで再生すると、最初に表示された画像から次の画像を見ようと、カーソル「→」を押したが最初の画像のままだ。 押し方が弱かったのかと思い、グイッと力を入れてみたが変わらない。 「←」を押して一つ前の画像を見ようとしても…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

耳栓にまつわる苦い思い出

僕は寝る時は耳栓をしている。 うるさいのが大嫌いだからだ。 近所のバカ犬は深夜も吠えるし、この季節は直ぐ横を流れる川の護岸で、ロケット花火を上げて騒ぐバカがいたりする。 3、4日前の深夜か未明の事だった。 何時頃かは覚えていない。 目を覚ました僕は咄嗟に右耳の耳栓を引き抜いて、それを口に入れた。 ボヤ~ッとした意識で、「…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more