帰りは大名旅行   (東京 その2)

4月中旬にウメと話し合い、東京への里帰りを5月末にする事にしていた。
ウメと彼女の家族とのコミュニケーションが眼目なので、僕だけ「東京、東京!」と浮かれて、一人で銀座の高級クラブ、新宿歌舞伎町に繰り出すわけにはいかず、まあ、柴又帝釈天界隈をうろうろ出来れば良いか、と思っていた。
しかし、5月の連休中にウメの母が足の骨折で入院をして、急遽、「お見舞いと付き添い」旅行へと変わってしまった。


5月27日(日)午後8時発の高速バスに乗り、東京に向う。

前回高速バスで東京に行った時は、1月だったので日の出の時間が遅く、途中の神奈川県内のパーキングエリアに立ち寄った時は、富士山が見られなかった。
が、今回は翌朝6時前に休憩で立ち寄った神奈川県の鮎沢パーキングエリアで、頂上付近に雲がかかり霞んではいたものの、久し振りに富士山の姿を見ることが出来た。
これがとても嬉しかった。

画像



ウメは6月2日(土)から仕事なので、当初は5月31日(木)の夜高速バスに乗って、6月1日の朝広島に到着、その日はウメは体を休める予定だった。
しかし、「折角久し振りの里帰りなのだから、この際もう一泊して、お母さんと出来るだけ時間を過ごした方がええんじゃないか?」、と僕はウメに言った。
ウメもその想いはあったらしく、もう一泊して帰りは新幹線にする事にした。
この素晴らしいプランは僕が提案、そして資金はウメが提供。


6月1日(金)、午後3時10分発の新幹線に乗る。
これまた久し振りの新幹線だ。
しかも、シートも天井も車内が全て緑色で統一された、タダで乗り放題の国会議員や、大金持ちしか乗られないグリーン車と呼ばれる車両だ。

高速バス料金との差額1万2千円で、「嗚呼、あのカメラが買えるのに・・・」などと思ってしまうが、今回は仕方がない。

画像



東京駅を出て直ぐ、進行方向右側に見える高いビル群の隙間に、東京タワーの姿が時折見え隠れしていた。
何とか一枚写っていたので、これもまた嬉しかった。

画像



しかし、天気が悪かったので富士山は見られなかった。
「富士山が見られなかったら運賃の半分はお返しします」という、洒落た料金体系を設定しないものだろうか、JRよ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

yunppi
2012年06月30日 23:49
ウメさんのお母様は、その後の経過はどうでしょう?
足の骨折なんて、不便でしょうね。
早い回復をお祈りしております。
 
富士山、うっすら写ってますね。
とりあえず見ることができて良かったです。
新幹線からの富士山は2度見ましたが、実にお見事!
すっごく感激しました。
なおきさんはウメさんが奥様である限り、東京へ行く機会は多いでしょうから(笑)、美しい富士山の写真を撮るチャンスはまだまだあるわ。
是非、このブログに「ドーン」と富士山の写真が載ることを期待したいと思います。
なおき
2012年07月01日 09:08
>yunppiさん

ウメの母にお気遣い下さり、どうもありがとうございます。
お陰様でリハビリに移行し、立ち上がったり歩く練習をしています。

yunppiさんは行き帰りの2回、富士山を見られたんですね。
いいですね~。
他地方に住む僕としては、目に入ってくる富士山と東京タワーは、それぞれ行き帰りと、着いた実感が得られる風景なんですね。
(スカイツリーもその一つに加わりましたが)

>なおきさんはウメさんが奥様である限り、東京へ行く機会は多いでしょうから(笑)

そうなんです。
逃げられないようにしないと。
テレビドラマを二人で観ていて、夫のDVや浮気のシーンに出くわすと、「なおきがあんな事をしたら、ウメはいなくなっちゃうんだよ」と言います。
僕は「何日したら帰って来てくれる?」と訊くと、ウメは大笑いしながら「ずっと帰ってこないんだよ、カ、カ、カ、カ、カ、カ・・・」
僕は「そりゃぁ困る、3日にしてくれぇ!」
ウメ、「わかったよ」
と言うことで、僕のDVと浮気が原因では、離婚はない事になりました(笑

ロト6の1等(2等でも可)でも当れば、富士山の上空からの写真を、ブログに「ドーーンッ!」といきたいです。

この記事へのトラックバック